噛むほどにジュワと押し寄せる肉の味 白樺派のカレー ビーフ

噛むほどにジュワと押し寄せる肉の味 白樺派のカレー ビーフ

噛むほどにジュワジュワと押し寄せる牛肉の旨味。
優しい味わいのレトルトカレー。
白樺派のカレー。

星4

大正デモクラシーの頃、白樺派の文人達が千葉県の手賀沼沿いに居を構え、活発な創作活動をしていた頃のお話です。当時としては、先進的な食文化の象徴であったカレーが、千葉県は我孫子の地で作られていました。白樺派の中心人物である柳宋悦氏、その夫人の兼子さんが、陶芸家バーナード・リーチの助言をうけて、おいしいカレーを作っていたのでした。その助言とは、隠し味に味噌を使うことでした。

誰もがご存知の志賀直哉や武者小路実篤たち白樺派の文人達が、アルト歌手として国内外に有名であった兼子さんの作ったこのカレーを食べていたと云われています。

今、大正ロマンの薫り高いそのカレーが、九十年の歳月を経て再現されました。
– – – レトルトカレーパッケージより

味のレビュー

白樺派のカレー レトルトカレーパッケージ
白樺派のカレー レトルトカレーパッケージ

野菜やフルーツの旨味が溶け込んだ優しい味のドロドロ系レトルトカレー。
甘くて大変美味しいレトルトカレー。
パッケージには中辛とあるけれど、甘口かなと思う。

ドロドロ系のレトルトカレー
ドロドロ系のレトルトカレー
噛むほどに肉の味。白樺派のカレー ビーフ。
噛むほどに肉の味。白樺派のカレー ビーフ。

ビーフは小さめだけど、しっかりとした食感と、噛むほどに感じる肉の味がたまらん

白樺派のカレー レトルトカレーパッケージ
白樺派のカレー レトルトカレーパッケージ

商品詳細

商品名

白樺派のカレー ビーフ

栄養成分

エネルギー:257kcal、たんぱく質:13.1g、脂質:13.6g、炭水化物:20.1g、ナトリウム:880mg、食塩相当量:2.2g

原材料

野菜(玉ねぎ、人参、にんにく)、牛肉、ルウ[小麦粉、食用油脂、果実、野菜(トマト、りんご、玉ねぎ、ニンニク)、発酵乳、肉エキス、砂糖、カレー粉、チーズ、チャツネ、酵母エキス、ワイン、香辛料)]、植物油脂、カレー粉、みそ、香辛料、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、乳、牛肉、大豆、豚肉、鶏肉、りんごを含む)

価格

720円 (税込)(参考:楽天)