想像の遥か上を行く芸術的なカレー 旧ヤム邸 シモキタ荘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
旧ヤム邸シモキタ荘10月のカレーぜんがけ

訪問日時:2018年10月13日11時15分(オープン約15分前)
※下北沢カレーフェスティバル2018開催時期(おそらく参加されていません)
旧ヤム邸 シモキタ荘
オーダーメニュー:10月のカレーぜんがけ ジャスミンライス

オープンまで少し待ったけど特に行列ができてる感じではない。もちろんオープンと同時にに入店できた。店を後にした時も待ちは1組。普段からそんな感じかな?今日はたまたま運が良かったかな?こんなに待たないなら毎月通いたい。

評判のお店
旧ヤム邸シモキタ荘の感想

味は想像とは違った。「大阪のカレー屋さんがシモキタに殴り込み!きっとスパイシーでパンチが強くて唸るようなカレーなんだろうな」勝手にそんなのを想像していたけど、むしろ真逆だった。

旧ヤム邸シモキタ荘10月のカレーぜんがけ

旧ヤム邸シモキタ荘10月のカレーぜんがけ ジャスミンライス 1350円

本場の味や本格的とかそんなんじゃなくてオンリーワンでお洒落で芸術的な味。料理上手な人が作る、細部まで丁寧にこだわったカレー料理。カレーのていを成した、カレーの域に捉われないカレー。人気が出るの納得。誤解を恐れずにいうと万人ウケする味。
「この食材を使って、こんなエスニックな雰囲気を出すか!」っていう、魔法にかけられたような感覚。一見すると和風な味付けの食材、柚味噌やキノコやかぼちゃを使用し、それぞれの味の特徴を活かしながらエスニックな雰囲気が出ちゃう。料理しないから余計に意味がわからん。まじで魔法にかけられた気がする。

旧ヤム邸シモキタ荘10月のカレーメニュー

旧ヤム邸シモキタ荘10月のカレーメニュー

このカレーを作ってる人は、このカレーをアートだと思ってクリエイトしてる感覚なんだろうなーって感じる。個人的にやばいと思うカレー屋さん。
このカレー屋さんに通いたくて下北沢に住みたいと思ったり思わなかったり。

旧ヤム邸シモキタ荘の詳細

旧ヤム邸シモキタ荘の外観

旧ヤム邸の外観。ぶどうの木が植えられているノスタルジックな雰囲気。
ノスタルジックの意味知らんけどノスタルジックという言葉が似合う。

営業時間

平日

11:30-15:00 (LO14:30)
18:00-22:00 (LO21:30)

土日祝

11:30-15:30 (LO15:00)
17:30-22:00 (LO21:30)
※2018年10月14日現在

備考

デートでは使いにくい!?
とっても美味しいし、カレーだけではなく店内もお洒落。だけど二人組みのお客さんは相席をお願いされていた。ランチだけかな?個人的にはデートで相席は嫌だなー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。