お気に入りのカレー屋さん

カレーの店マボロシ スパイスを味わう!?絶品チキンカレー

カレーの店マボロシ
平日金曜日 5分前に到着。

行列のできるお店 カレーの店マボロシ

カレーの店マボロシ外観

カレーの店マボロシ外観 注意書きが張り出されている。

別件で時間を取られて、1回転目に入れなければ1番ダメな時間にきてしもた。すでに10人以上の列ができている。オープンが近づくにつれてだんだんいい香りが僕を包み込む。並んでいる間に事前に注文をするが、メニューにはトッピングのみ金額が書かれていて、カレー本体は金額が書かれておらず、お金を払うまで料金がわからないシステム笑
・・・案の定1回転目に入れずに撃沈。40分ほど待って入店。

カレーの店マボロシ メニュー

結構探したよ?あれ?一番重要なものに値段が無い!どこだ?どこだ?って。多分1000円です。

カレーの店マボロシ チキンカレー

カレーの店マボロシ サラダ

ピクルス?いいえ、彼はサラダです。カレーと一緒に召し上がるのが正解だと思います。

まずサラダが現れた。ピクルスではなくサラダ?食べていいのかな?わからないのでカレーが来るまで待機。15分後、目の前に現実となったマボロシのカレーが現れた。
一口目で感じる甘さと、徐々に刺激してくる辛さ。

カレーの店マボロシ チキンカレー 温玉トッピング

見よ!これがマボロシのカレーです。温泉たまごトッピングしてます。

しかし、不思議なカレー。味がない。塩味が足りん。だけど、感じる甘さと辛さ。ベースがしっかり料理されているんだろうけど、俺はスパイスを味わっているのかと思うほど。
スパイスは本来素材を活かすものだと思っているんだけど、このカレーは違ってスパイスを味わうためのカレーだと思った。こういうカレーって中々ない気がする。
”こっちに住んでいる間に食べておこう”くらいに思っていたけど、ハマった。また食べたい。

カレーの店マボロシ チキンカレー 温玉トッピング

温泉たまごってなんで温泉なんだろうね?温泉で茹でたわけじゃないのに。

チキンカレーを選択したんだけど、ブリンブリンのチキンがやばい。こいつを口に含むたびに、幸せを噛みしめるようにチキンを噛みしめてる。

カレーにちょこんと乗っている唐辛子は潰すことでカレーの辛さを増すことができる。何かの拍子で唐辛子を食べてしまい激痛が走ったのは内緒です。(こういうこと頻繁にあります。一人で悶絶してます。アヒージョとかw)

最後に出されたのが、お口直しのチャイ。これが美味しくてお代わりしたい気分。

意外と清潔感の塊!マボロシの店内は心地よい空間だった

カレーの店マボロシ アンティーク雑貨

おじいさんの?古時計がいくつか飾られていました

店内はがらく、、、アンティーク雑貨で埋め尽くされている。しかし、ホコリが被っている様子がない。これ結構ポイント高い。客は見てるよこういうところ。
そして、以外と(?)厨房も含めて定員さんの雰囲気が良い。「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」の声がでかくて気持ちいい。シェフのヘアーキャップも好感持てます。

カレーの店マボロシ アンティーク雑貨

他にも、ココイチのマグネットがたくさん貼ってありました。

個人的には総合的にツボ。
僕自身そんなに舌が肥えている訳じゃないから、居心地の良さとか清潔感とかもポイント高くなるよねー。
並ぶことと立地が難点だけど、また行きたいお店リストに加えた。

店舗情報

2020.03.06時点
店名:カレーの店マボロシ
問い合わせ:042-751-3320
住所〒252-0239 神奈川県相模原市中央区中央3丁目7−1
交通手段:JR横浜線:相模原駅 徒歩約17分 / バス:バス停 相模原市役所前・市民会館前 徒歩約3分
営業時間:月~土 11:00~15:00 (売切れ次第終了) / 定休日:日曜・祝日

-お気に入りのカレー屋さん
-

© 2020 レトルトカレーマニア